令和4年度 活動計画

開催日集合時間内容プログラム
4月24日(日)10:00総会 
5月27日(金)9:30志木のまちご案内埋蔵文化財保管センターと城山地区発掘現場の見学
6月26日(日)9:30お宝発見講座①野火止用水の支流と水車
(大原地区)

※ 6月26日(日)お宝発見講座① 参加者募集中!
大原地区を流れていた野火止用水の支流跡と水車跡を探索します
【集合】志木駅南口 9時30分
【解散】敷島神社境内 12時
【対象】一般成人
【定員】15名(先着順)
【費用】無料
【申込み・問合せ】6月10日(金)から24日(金)までに電話または直接、いろは遊学館へ ☎048(471)1297 
※ 当日、マスク着用と検温にご協力下さい

7月30日(土)9:30お宝発見講座②野火止用水の支流と水車
(柏町・幸町地区)
9月25日(日)13:30お宝発見講座③水と暮らす工夫
(宗岡地区の利水と治水)
10月30日(日)9:30お宝発見講座④舘ニュータウン周辺を歩こう
11月27日(日)9:30お宝発見講座⑤市場の街並みと朝日屋原薬局店
12月18日(日)9:30市内研修未定
2月26日(日)9:30市外研修行田(予定)
3月18日(土)9:30志木のまちご案内志木の文化を知ろう
(志木駅前の切り絵と彫刻)

※会員募集中※ 入会ご希望の方は、当サイトの「お問い合わせ」からメッセージを送信いただくか、行事参加時にお声かけ下さい。(年会費=2,400円 入会金無し)

《令和4年度 活動報告》

令和4年 5月27日(金)
◆志木のまちご案内◆
埋蔵文化財保管センターと発掘現場の見学

  発掘現場の見学ということで、たくさんの方の応募をいただきました。
当日は雨で、残念ながら現場には行けなかったのですが、埋蔵文化財保管センターをたっぷり満喫していただきました。 
前半・後半に分かれ、さらに2グループに分かれました。
1つのグループは、まず常設展を見学です。旧石器時代から、縄文、弥生、古墳時代と順に見ていきました。
縄文時代の顔面と思える部分のある土器や弥生時代の動物型土製品、市内最古のお金富寿神宝(ふじゅしんぽう)などの実物に目を見はりました。
もう一つのグループは、今回見学する予定だった現地からの遺物を見ながら、話を聞きました。
志木三小の校門前あたりなので、住居跡の他に柏の城の堀の跡と思える4メートルほどの溝が発見されたことや中世の板碑が発見されたこと。いなげやのそばの中野遺跡では、仏具と思える須恵器が発見されたことなど説明がありました。
現場に行けなくて本当に残念でしたが、内容の濃い解説でした。
紙芝居
常設展の見学
 
紙芝居
中世の板碑
 
宝幢寺の梅
今回出土した土器
 

[報告=高橋豊/写真=吉田善二]
 
 

《令和3年度 活動報告》

令和4年 2月20日(日)
◆志木のまちご案内◆
宝幢寺の観梅とカッパ伝説

  コロナ禍で開催が危ぶまれましたが、私たちの願いが叶って楽しいひと時を過ごすことができました。
古木の梅花を観ながらほのかな香りを味わい、宝幢寺の由来や正式な名称、なかなか見ることができない庫裏にある小林正路画伯の襖絵を鑑賞しました。
宝幢寺に伝わる民話の紹介では、民俗学創始者の柳田国男によって『山島民譚集』に掲載されたとの話を聞き、歴史的な出来事を感じましたし、江戸時代に刊行された『寓意草』の原文語りを交えて『和尚に助けられた河童』が、紙芝居で初披露された時には驚嘆の声が上がりました。
この紙芝居は地元の切り絵作家の毛利さんです。その一部を写真で紹介しますので、楽しく吸い込まれる表現をご堪能ください。
紙芝居
『和尚に助けられた河童』の紙芝居
 
境内の巨樹の紹介では、昭和時代に調査した、志木市内に存在する巨木の番付表も披露され、東の横綱である宝幢寺のケヤキが紹介され、横綱以外の境内に聳える巨樹も見て回り、耳を押し付けて水を吸い上げる音に命の息吹を感じた人もいました。
明治時代に植えられたヒマラヤスギの太さには圧倒されました。
今回は、宝幢寺のみでのご案内でしたが、時間をかけてゆっくりと掘り下げて説明する趣向の良さを感じ取れたものでしたし、楽しく過ごせたことに感謝です、参加された皆さんお疲れ様でした。
宝幢寺の梅
宝幢寺の梅
 

[報告/写真=吉田善二]