令和3年度 活動計画
※都合により変更の場合があります

開催日集合時間内容プログラム
4月25日(日)10:00総会 
5月30日(日)13:30志木のまちご案内野火止用水と引又宿をたずねて
6月27日(日)上宗岡の社寺めぐり
(雨天のため10月31日に延期となりました)
7月25日(日)9:30お宝発見講座②志木駅の景観と市境
9月26日(日)9:30お宝発見講座③引又町の街並
【緊急事態宣言のため中止とします】
10月31日(日)9:30お宝発見講座④上宗岡の寺社めぐり
上ノ氷川神社〜千光寺〜大仙寺〜羽根倉浅間神社
【定員】10人(先着順)
【費用】無料
【申込み】10月10日(日)〜29日(金)までに電話または直接、いろは遊学館へ(電話048(471)1297
11月28日(日)9:30お宝発見講座⑤旧河川跡と市境を歩く
12月19日(日)9:30お宝発見講座⑥志木のお地蔵さん
1月30日(日)9:30市内研修小字名の由来は
地形にあった
(大ハケ・小ハケ・東原)
2月20日(日)13:30志木のまちご案内宝幢寺の観梅とカッパ伝説
3月20日(日)終日市外研修浅草・花川戸近辺
(仮)

参加お申し込み及び詳細は、開催月の「広報しき」をご覧下さい。
お宝発見講座については、いろは遊学館(048-471-1297)へお問い合せ下さい。
各講座とも定員10名(先着順)です。

《令和3年度 活動報告》

令和3年 7月25日(日)
 
◆お宝発見講座②◆
志木駅の景観と市境

7月25日(日)《お宝発見講座②》として、「志木駅の景観と市境」を開催しました。
当日は猛暑の中でしたが、4名の方に参加いただきました。
今回はゆっくり時間をかけて志木駅を一巡り。
東口広場から、ペデストリアンデッキ、志木街道のアンダーパスを新座市側へ、そして東口広場に戻ります。
 
白井武左衛門  下ノ氷川神社
志木駅東口 井下田家の前   内田栄信氏制作のカッパ像    
 
志木駅は志木市域にはない不思議、東上線開通当時の様子、現在は井下田家の中にある東上稲荷を垣間見、東口広場の新座市との複雑な市境を実見しました。
ペデストリアンデッキでは、東口広場整備の経緯、池田要氏による切り絵、関根伸夫氏によるモニュメントを紹介し、現代のお宝を堪能しました。広場とロータリーに内田栄信氏による親しみのあるカッパ像が見られます。
  
下ノ氷川神社  下ノ氷川神社
ペデストリアンデッキで   新座市との市境の説明
  
アンダーパスでは市内小中学生の描いた素敵な絵が楽しませてくれます。
アンダーパスの出口付近は野火止用水が本町方面の本流と幸町方面、柏町方面に分岐したところ。こちら側も市境は入り組んでおり、マンホールの蓋の図柄が変わることやビルの住居表示で実感しました。
 
下ノ氷川神社  下ノ氷川神社
志木と新座の入り組んだ市境   アンダーパスの出口付近
  
改札口の中にはかわいい「まねきがっぱ」赤い座布団にお座りしているのを見て本日のフィナーレ。
東口広場に戻って解散しましたが、いつもとはちょっと趣向を違え、現代のお宝を発見した講座でした。
下ノ氷川神社
東口広場に戻ってきました
  
それほどのカンカン照りではなかったものの、やはり暑い。お疲れさまでした。
8月は休会、次回は9月26日(日)です。
(報告=鈴木・写真=新田)

 

令和3年 5月30日(日)
 
◆志木のまちご案内◆
野火止用水と引又宿をたずねて

白井武左衛門  下ノ氷川神社
志木駅前 井下田翁碑付近   上の水車跡    
 
5月30日(日)《志木のまちご案内》として「野火止用水と引又宿をたずねて」を開催しました。
まん延防止特別措置の中で参加人数を絞って募集し、7名の方に参加いただきました。
駅前広場集合。先ず東上線開通に尽力された井下田翁の碑を訪ね、それから野火止用水流れの跡をたどりながら、用水に掛けられた水車や引又宿の繁栄の様子をお話しました。
  
下ノ氷川神社
朝日屋原薬局前で
  
国の登録有形文化財である朝日屋薬局では原様のご厚意により洋館の前に入れていただき、つぶさに拝見することが出来ました。
市場坂上交差点にある旧西川家潜り門を見て、次にいろは樋モニュメント(ジオラマ)と明治時代の現物の大桝両方を訪ね、両方を対比することにより一層興味が喚起されたようでした。
旧村山快哉堂裏の広場の対岸はかつての引又河岸のあったところですが、対岸を見ながら新河岸川舟運ついてお話し思いをはせました。(報告・写真=鈴木)

 

《令和2年度 活動報告》

令和3年 3月7日(日)
 
◆志木のまちご案内◆
下宗岡の志木市指定文化財と白井武左衛門の足跡を歩く

白井武左衛門  下ノ氷川神社
白井武左衛門「供養塔」   下ノ氷川神社「絵馬」
 
3月7日(日)《志木のまちご案内》として
「下宗岡の志木市指定文化財と白井武左衛門の足跡を歩く」を開催したところ、13人の方に参加いただきました。
「総囲堤」や「いろは樋」を作って宗岡地区が水に強く、また日照りにも強い村作りをした白井武左衛門に感謝する「供養塔」を見たり、下ノ氷川神社では総代さんに拝殿を開けていただき、普段見られない「絵馬」を見ることができ、驚きと感動の連続でした。
私たちが住んでいる志木市には、「隠れたお宝」がいっぱいあります。
次の機会には、是非ご参加ください。
 

令和2年12月13日(日)
市内研修「志木のお囃子見学」

◆ 市内研修「志木のお囃子見学」◆
12月13日(日)9:30〜
宗岡天神社社務所にて、宗岡宿組のお囃子のお話しと、
実演を見学させて頂きました。
興味深いお話しと、迫力満点の実演を堪能いたしました。(ST)
 

令和2年11月15日(日)
古地図で歩く「柏の城」附近

◆シリーズ◆志木のまち「お宝発見講座」◆
やっと開催できたました。今年度初のご案内です
 
引又  引又
案内人も参加者も、とてもはりきって
楽しい会となりました。
おっとっと、密は避けて、、

【日時】2020年11月15日(日)13時30分〜16時
【コース】
不動坂と行屋稲荷 〜 舘氷川神社の野火止用水 〜 古地図から見える「柏の城」のあらまし)〜 城山八幡社 〜 城山貝塚 〜 大堀跡 〜 長勝院伝説と遠望風景 〜 チョウショウインハタザクラとカッパ
【共催】志木のまち案内人の会 いろは遊学館
 

《広報しき10月号から歴史さんぽの連載が始まりました》

◆志木市歴史さんぽ◆第1回◆
 
引又
広報しき 令和2年10月号より
 
志木のことをもっと知り、もっと好きになってもらえるよう
当会の会員が交代で執筆することになりました。
さんぽのついでに、ぜひ訪れてみてください。
志木の新しい魅力を発見してください。